ロリポップからCORESERVERへサーバ移転を行いました

当サイトの表示面やURLは変わっていませんが、裏で動いているサーバの移転を行いました。

 

これまでロリポップ! のレンタルサーバを借りて現在まで使い続けてきましたが、他社レンタルサーバを比較したところ移転させた方が良さそうだったので実施しました。
ちなみにロリポップは2012/05/14から使い続けていて、約10年契約していました。なお現在は、移転先であるCORESERVERのレンタルサーバで稼働しています。

 

 

レンタルサーバ比較
ロリポップ VS CORESERVER

これまで使用していたロリポップのサーバスペックと、移行後のCORESERVERスペックを比較してます。
ロリポップのミドルウェア(PHP, DB)は最新のバージョンが選択できますが、契約時のバージョンを記載しているので古いものとなっています。

※2022/4 現在のサーバ情報 主要スペックのみ記載

 ロリポップCORESERVER
契約プランライトCORE-MINI(V1)
OSLinux(CentOS)Linux(CentOS)
WebサーバApache 2.4Apache 2.4
PHP7.4(モジュール版)8.0(Fast CGI版)
DB MySQL 5.1系
※5.7系 提供あり
MySQL 5.7系
※2022/5~ MariaDBが利用可能
DB数1個 10個
回線速度1Gbps10Gbps
WAFありなし
WebDAVありなし
SSHなしあり
費用(12カ月契約)3,960円2,640円

 

    

 

移転理由

このようにいくつか理由があったので、ロリポップのプラン上げではなくサーバ移転を検討することにしました

  • DB(MySQL)のバージョン5.1とかなり古く、アップデートしたいと思ったのが移転のきっかけ
  • ロリポップのライトプランではDB 1個しか作れないため、プランを上げるかDBを作り直すかの選択になる
  • mysqldump取得 > 既存DB削除 > DB作成 >dumpデータ リストア で何らか不具合(dumpデータが壊れてたとか)でリストア出来なかった場合、1個のDBでやりくりするのはリスク
  • サーバ費用が少々高い
  • SSHログインしたい
  • ページ表示が遅い ※特に管理画面系がもたつく

 

CORESERVERの選定

他社のレンタルサーバやAWSなどを色々検討しましたが、月額1,000円くらいかかるのが平均で、私の場合コストを抑えたかったのでCORESERVERを選定しました。
30日のトライアル期間がありましたので、ダッシュボード等の操作感やサーバ設定をいじったりしてCORESERVERで契約を進めることにしました。

 

移転してから

諸々のミドルウェアバージョンアップやサーバ環境も改善されたので、ページ表示速度に期待をしていたのですが、PageSpeed Insight のスコアはそんなに変化はありませんでした。
ブラウザ表示させた感覚としてもそんなに分からなかったので、ページ速度を重視したいという方はもう少し費用をかけてCORESERVERのV2プランや他社サーバを検討してみるのも良いかと思います。
今回のCORESERVER(プラン: CORE-MINI)ですが費用としては年2,640円で、月にすると220円とかなり安いです。Webサーバだけでなくメールも利用しているのでコストパフォーマンスが良いと感じます。サーバのパフォーマンスとしては並程度ではありますが、コスト重視という方にはオススメなレンタルサーバだと思います。比べていないので分かりませんが、恐らくCORESERVERもV2プランはよりパフォーマンスが向上されているのでしょう。
2022/5~ CORESERVERでMySQLからMariaDBへの対応が行われるそうなので、メンテ後は早速当サイトも対応させてスコアに変化があるか見てみようと思います。

 

 

ロリポップなら月々110円から WordPressなどの簡単インストールやカート機能、アクセス解析、Webメーラーも標準装備!

CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(30日間)

 

コメントを投稿する

* が付いている欄は必須項目です